相続税は、相続する方がどなたかによって税額がかわる。

相続税は、受け取った方が受け取った分の割合で納税することとなります。

夫婦の財産は、2人で築きあげたものです。
夫名義のものも、実質的には、半分は妻のものと考えられています。


“相続税は、相続する方がどなたかによって税額がかわる。”の詳細は »

今年のゴールデンウイークの過ごし方

今年はどこに行こうかと、現在計画中です。お天気も良さそうなので、気分も高まります。

4月に入って「雪が降った」なんて日もありましたが
平年の気温を上回って、ぽかぽか陽気が続いて気持ちいいですね。


“今年のゴールデンウイークの過ごし方”の詳細は »

相続税と贈与税の納税猶予額について

贈与時の価額により他の相続財産と合算して相続税を計算しますよ

・・・贈与税の納税猶予額は、納税猶予の特例を受ける非上場株式等の数に対応する価額から基礎控除額(110万円)を控除した残額に贈与税の税率を適用して計算した額となります。
“相続税と贈与税の納税猶予額について”の詳細は »

相続の小規模の宅地の特例

相続によって「事業に使用されていた宅地」を取得した場合、条件を満たせば、減税されます

事業用宅地 ・・・・・・・・相続によって「事業に使用されていた宅地」を取得した場合、下記の条件を満たせば、400平方メートルまで80%を減額。ただし、申告期限まで宅地を保有していないときは、200平方メートルまで50%を減額。
“相続の小規模の宅地の特例”の詳細は »

そのほかの相続に関する控除の項目

相続税が発生する程度の資産がある場合には、1度選択してしまうと変更できませんので注意が必要ですよ

相続時精算課税制度を受ける場合の注意点・・・・相続税が発生する程度の資産がある場合には、1度選択してしまうと変更できませんので注意が必要です。

相次相続控除・・・・10年以内に2回の相続があった場合は税額控除が受けられます。
“そのほかの相続に関する控除の項目”の詳細は »